『植物と寄り添う暮らしの提案』セミナー

ハーブとアロマを活かす古くて新しい基材

“高分子シルクとトリニティ”

SIS(株)代表取締役、信州大学繊維学部共同研究員 伊藤一郎氏

アロマの学校“シェ・モナミ”主宰 小澤真紀子先生を

お招きし、Silk protect lotion1518発売記念講演会を開催いたしました。

小澤先生にはトリートメント等に使用された感想を

伊藤先生には主成分、特許でもある残香性シルクをお蚕さんの飼育環境からどの様な採取方法を経て製造されているのか丁寧に過程を説明いただきました。

また成分特性を講話いただき、何故使用感が心地よく感じるのか

理解が深められたのではないかと思います。

小澤先生もおっしゃられた自然由来の基材で植物のちからを借りて

おひとりおひとりに合ったトリートメントを提供する大切さ。

セラピスト様に限らず、パティシェ様、フローリスト様、

手肌を大切に“それぞれの大切な何か”を紡ぎだす全ての方へ

これからも長く愛される様、大切に提供させていたさせていただこうと

心に決めたのでした。

参加下さった皆様、伊藤先生、小澤先生

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中